So-net無料ブログ作成
検索選択

個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける−「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)

 昨年8月の衆院選投票日前、和歌山市が市内22カ所の個人宅に投票箱を配送し、投票日まで預けていたことが21日、分かった。同市選挙管理委員会は選挙のたびに実施しており、長年引き継がれてきたと説明。今後は保管方法を考えたいとしている。
 市選管によると、昨年8月30日の衆院選投票日前までに、投票所に当てられる学校などに近い個人宅22軒に投票箱各3個を業者を使って配送した。投票箱は投票日当日か前日、市職員が引き取り、投票所に設置したという。
 送り先は市選管で引き継がれたリストに基づいて選び、事前に文書を送っていたという。ただ、各戸に承諾を得るようなことはしておらず、投票箱が届いた住民の中には、驚いて苦情を申し入れた人もいた。
 市選管は理由について「選挙当日は朝が早い」「投票所が前日に使用されているケースもあるため」と説明。いつから続いているか、はっきりしないとしている。
 投票箱を預かった同市の男性は「父の世代から引き受けており、50年近くになるのではないか」と話した。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
「小沢独裁と戦う」谷垣総裁が決意表明 自民党大会(産経新聞)
<青森ねぶた師>収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
<元看護師殺人未遂>時効前、遺留品から60歳前後の男浮上(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。